野中寺と野々上八幡神社という古刹があります。

自動車通勤をしてきましたが、通勤途中、石英社ができてから定年を迎え、また今日まで30年以上も毎日前を通らせて頂いていたのに、きちんとお参りもしていないことに思い当たり、これはいかんと、

先日御礼を兼ねてお参りしてきました。

少ししらべましたら、聖徳太子と蘇我馬子の建立と伝えられ、「中の太子」と呼ばれていて、現在でも境内には、塔や金堂など飛鳥時代の伽藍の跡が残っており、国指定の史跡になっているという由緒正しいお寺で、お隣には八幡様をお祀りした神社もあり、かなり有名な古刹という事でした。

 入口には立派な仁王様がお迎えくださり、境内には大きな石棺ほか伽藍跡など歴史の重みを感じさせて下さるロケーションが一杯でした。

 灯台下暗し・・・。痛感しました。                  IZU

yacyuuji1
仁王2
金堂跡
古墳説明
古墳