昔 打った 篠塚・・・ ではなく、昔取った杵柄で、最近になって無性にギターを弾きたくなったのですが、せっかくあったら新しいギターを!!と思ったものの、そんな簡単に買える代物ではないことは百も承知です。ならば作ってしまえと、全パーツをネットで一番安いものをと物色しました。

 ネック、ボディほかピックアップも含めてその他もろもろ10点ばかり、バラバラで揃えたのですが、全部で1万円くらいでした。自分に合うようネックの厚みを削ったり、白木のネックやボディをあぶって色も缶スプレーの重ね塗りとかで、ぼかしを入れたりと2ヶ月くらいかけてコツコツと仕上げていきました。 世界に1本しかないという自分だけのカスタマイズドギターが先日完成したので報告します。

 音については、音量は少し弱いのですが、音質は驚くほど良く、とても1万円とは思えないほどでした。完成した色もとても気にいってるので、どこかで大きな音を出したい衝動が・・・。

コロナの騒ぎが落ち着いたら考えるとして、とりあえず今度はうまく弾けるウデが売ってないかネットを探索中です。                  IZU


DSC_0015
DSC_0041
DSC_0046
DSC_0043
DSC_0050