日々の暮らしの中で、「ラッキー!!」と思わずニンマリする瞬間ってありますよね。

朝、たまごを割ったら、黄身が二つ入ってたとか。

 桜の季節も終わって、そろそろ鍋の季節も終わりで、今度は11月ごろかな・・・と思っていたら、無性に黒鯛(チヌ)が食べたくなって、最近見つけたスーパーに行きました。

なんと、ドンピシャ!

それも43cmの立派な紀州産の黒鯛が、700円也で私を待っててくれてました。 冬場の黒鯛はあまりの美味しさに、みんなが一斉に鍋へ箸を突っ込んで鍋が割れそうになることから、別名「鍋割り」っていうの、知ってました?ワクワクしながら買って帰り、さばき始めると、でっかい卵を持っていて、「ラッキー!!」。肝もパンパンで、めちゃくちゃ得した気分! 黄身が4つくらい入ってたくらいの幸せ感にひたっていたある日の週末でした。

 (黒鯛の卵はクセがなく、真鯛の卵(鯛の子)よりも粒が小さくて、めちゃくちゃ美味しいものでした。)                            IZU

チぬ1
チヌ2