弊社のハシモト含む、高校時代の友人たちと共に京都へ行った時の事です。

特に目当てのものもなく、『錦市場商店街』へ行ってみようということになり、
そこで普段なかなか目にしないものを食しました。
DSC_0061
DSC_0062s

なんと、スズメの姿焼きです。

原型のない肉塊にタレをつけて美しく焼き上げた、ある種の造形美とも言える
焼鳥とは違い、このロースト雀は火事から逃げ遅れたかのごとく あまりにも
生前の姿を保ちすぎています。
正直、齧るにはかなり勇気が要るビジュアルでした。

DSC_0077s

全員で一口ずつ齧り、出てきたそれぞれの感想を総括すると、

「固い」

「苦い」

「木の枝?」

「酒に合う…のかな…?」

などなど、少々評価の難しい味でした。

われわれ小僧っ子にはなかなか理解の及ばぬ味でしたので、
これを読んだ酒呑みの方々に、ぜひ挑戦して頂きたいなと思います。
(山岡)