sekieisyaのblog

2020年07月

一か月半ほど前にFit Boxingというソフトを購入しました。

任天堂製の大人気フィットネスゲーム、リングフィットアドベンチャーとは違って「リングコン」という特別な付属品が必要ないのでダウンロード版を購入。

こういうのはソフトを入れ替える手間が億劫でやらなくなるのが怖いですからね。

 

ゲームを操作するのはNintendo Switchに付属しているジョイコン。

これを両手に握ってパンチしたりステップしたりするボクササイズゲームです。

 

細かい指示を出したり動作を褒めてくれるインストラクターが6人(女性4人、男性2人)いて1人を選べるのですがこの人たちの声優陣がかなり豪華でした。

 インストラクター

僕のインストラクターは「ベルナルド」さんです。

 
ベルナルド先生 挨拶

 

ムッキムキのマッチョです。

声は超有名声優の大塚明夫さんです。

ゲームだと「ソリッドスネーク」、洋画の吹き替えだと「スティーブンセガール」、アニメだと「ブラックジャック」の声を担当していることが有名ですね。

 

この人が「いいパンチだ!!」とか「凄いぞ。ここまで完璧だな!この調子でいくぞ!」とか言ってくれると本当にやる気がでます。

 

Fit Boxingにはデイリーモードという11回だけプレイできるトレーニングメニューがあって、これを行うのがメインとなります。

11回だけですが、これが逆に「毎日しなきゃいけない」と思わせるトリックのようにも思います。(デイリーモードが終わってもフリーモードで好きなだけトレーニングを継続できます。)

 

7.25の記録

 

しかも「〇〇日連続ログイン中!」というカウンターまであって、日数が増えるに連れて途切らせたくないと考えてしまいます。

 

ゲーム自体にストーリーやシナリオは無いので、「続きが気になるからやろう」という考えは起きませんが、カレンダー機能がついていたり、インストラクターさんが「明日も頑張るぞ!」など声をかけてくれたりするなど、リングフィットアドベンチャーとは異なる方法で毎日継続させるための工夫がされていると感じました。

パンチ数グラフ

 

トレーニングを実際にやってみた感想としては「リズムゲーム」に近いですね。

「ジャブ」や「ストレート」が曲に乗って譜面として流れてきてサークルに入るタイミングで動作をする感じです。

ただ、あくまでフィットネスゲーム。
譜面全てを完璧に捌いてAll Justを狙うことが目的ではないので、タイミングの判定がリズムゲームに比べてかなり甘かったり、「アッパー」の指示を間違えて「ストレート」として放ってもリズムさえ合えば「Just」判定が出せます。
これはプレイヤーのやる気を失わせないようにする製作者側の気遣いによる調整だそうです。

コンビネーション

日数が増えるにつれて「アッパー」や「フック」といった動きが追加されて、後半は「ステップ」や「スウェイバック」などの回避行動が追加され、日ごとに運動量が増していきます。

バックステップ

収録曲は洋楽が20曲入っていて、タイトルを知っているものだと5曲くらいしかありませんでしたが実際曲が始まると(あ、これ聞いたことあるな)と感じる曲がほとんどなのでCMで使われていたり、世界的に有名な曲なんだと思います。
楽曲リスト

中学校時代に掃除時間中に校内放送されていた曲が入っていたのでテンション上がりました。

 

デイリーモードは「ダイエット」「体力強化」「健康維持」から目的を設定できて、ここからさらに「二の腕」だったり「ウエスト」だったり、特定の部位をメインに鍛えたいといった要望まで確認されたうえで、トレーニングの内容を決めてくれます。

トレーニング時間も選べて、15分、25分、35分、45分から選択することになります。

 

ちなみに僕の設定は

目的「ダイエット」

部位「全部」

時間「45分」

というわがまま設定で、やっています。

 

内容によって40分強くらいの日があったり、50分以上の場合もありますが

メチャクチャしんどいです。

 

リングフィットアドベンチャーでおよそ1か月鍛えぬいた状態から挑んでいるので、今さら拳振るくらいで筋肉痛なんかならないだろうとタカをくくっていましたが、目的の部位を「全部」にしたせいなのか、2日目は歩行が困難になるほどふくらはぎが死んでしまいました。

腕や背中も完全にやられて会社の扉開けるときに声がでそうなくらい激痛が走ってました。

(扉を開ける時ってここの筋肉使ってるんだ…)と勉強になったほどです。

 

Fit Boxingはまだ初めて1か月半ほどですが今年のピーク時点で94㎏あった体重は82㎏台まで落ちて、体脂肪率は昨年の健康診断時の32%から26%台まで落ちてきました。

 

とりあえずの目標を健康診断(11月頃)までに定めて毎日続けて行こうと思います。

 

福屋

saved_file1595411856942
saved_file1595214121593
saved_file1595411874094
和歌山の高速道路が土砂崩れで、えらいこっちゃとなっていた最中、土砂崩れで不通となったため、田辺で降ろされて、下道で那智の滝まで行くことに。ほぼ60年生きてきましたが、こんな雨は初めてという雨でした。

 ハンドルは取られるし、前は見えへんしでほんまにたどり着くんやろかと思いながらの約2時間半。

雨量がハンパないので、滝から落ちるドドドドドドドドドという轟音が聞こえた時は、正直びびりました。

 とんでもない水量に圧を感じながらも近くまで行きましたが、暴風としぶきと雨でほとんど台風状態!

ものすごい体験をさせていただきました。     IZU

先週土曜、大学時代の友達と京橋にある飲食店「炭や吟蔵」へ行ってきました。

今回も予約しないと入れないほどの人気店ということで、1500からの予約でしたが、開店前にも予約の団体が並んでいました。

鹿児島県産さつま知覧鶏のタタキは非常に美味しかったです。

僕自身、鹿児島でフリーターをしていた時は鶏のタタキやら鶏の炭火焼を焼いていたので、料理の美味しさも去ることながら、お店の雰囲気だったり炭の香りが懐かしく感じました。

お店に入ってから知ったのですが1500から1700までの時間はハッピーアワーということでハイボールと酎ハイ各種が何杯でも200円でした!

福屋

fukuya1

という話をよく聞きますが、本当にそうだと思います。

子供の頃は時間が許す限りなら何時間でも遊んでいられる感覚でしたが、ここ最近は時間が出来てもやる気が起きなかったりします。

 

今ハマっているのが体を鍛えるフィットネスゲームだからという理由も多少はあるのかもしれませんが、そうでないジャンルのゲームをすることにおいても子供の頃と明らかに変わったことがだんだん見えてきました。

 

1つのゲームに長時間没頭できない。

子供の頃は親にゲームソフトを買ってもらう機会がそもそも少なかったので、買ってもらったゲームは骨の髄までしゃぶり尽くす勢いでやり込み、アイテムのコンプリートであったり、周回要素があるゲームだとクリアしてからも何周も繰り返しプレイしていました。

が、大人になった今は1周終わると達成感だけを覚えて、二度と起動しない場合がほとんどです。

達成感というと聞こえがいいですが、むしろ「最後までやらなければいけない」という義務から解放されたといった感覚に近いです。

 

◎面白そう!と思って購入するがやらない。

楽しみにしているゲームの続編等が発表されたら、予約して購入します。

販売開始後、仮に爆発的に売れたとして手に入らなかったら困るので。

現に昨年末頃に発表された「BIO HAZARD RE:3」は受付開始後、即予約し、

発売日(202043日)の会社帰りにGEOで受け取りました。

 リメイクにより美しくなったネメシスさん

まだ封すら開けていません。

 

発売日の発表から4カ月以上待った新作。

発表から発売までというのはとても長く感じるものです。これは子供の頃と変わりません。

でも発売されてから3か月以上経った現時点でまだ一度も起動していないのはどういうことなのか。

これが大人になるということなのか。

手に入れてからの3か月は恐ろしいほど時間の経過が早いと感じています。

そして実際にそのソフトをプレイし始める頃には発売直後より市場価格が数千円下がっているというオチ。

「予約特典」というエサは用意されているものの、何のために予約したのかわからない…。

 

◎積む。とにかく積む。

未プレイのゲームが増えていくことを「積みゲー」といいます。

なぜすぐにやりもしないゲームソフトを購入するのかと聞かれると「やりたいから」というしかないのですが、1つのゲームにハマり過ぎていたり、絶対買いたいソフトが複数同時期に発売されたりすると、この「積みゲー」という現象に拍車がかかります。

 

ちなみに僕の積みゲーコレクションは先ほどのBIO HAZARD RE:3の他に、

・龍が如く4

・龍が如く5

・龍が如く6

・龍が如く7

・龍が如く0

Judge Eyes 死神の遺言

・ゼルダの伝説 夢を見る島

・ゼルダの伝説 ムジュラの仮面

・ポケットモンスター:Let’s Go ピカチュウ (←多分もうやらない)

ASTRAL CHAIN

・ディアボロ エターナルエディション

・大神 絶景版

 

などなど多数のラインナップを取り揃えております。

ここまで挙げましたが、恐らく思い出せなかったタイトルもまだいくつかあります。

 

と、まぁ子供の頃とは環境やら考え方やらいろいろ変わったなぁと思いますが、積みゲーを書き連ねていたら怖くなってきたので、しばらく新作は購入せずに積みゲーの消化に専念しようかと思います。

 

福屋

このページのトップヘ