sekieisyaのblog

リングフィットはサボり気味。

今年も健康診断の季節が近づいてきましたのでラストスパートということでさらに頑張ろうと思います。

もちろん健康診断が終わってもフィットボクシングとリングフィットは続けるつもりです。

 

リングフィットアドベンチャーはヨガマットがほぼ必須なのに対してフィットボクシングはこれと言って揃えた方がいいアイテムのようなものは特にありません。強いて言うならリストバンドがあった方がいいかな、程度です。

 

が、フィットボクシング専用(?)のアタッチメントがネットで販売しているという噂を聞いたので買ってしまいました。

攻撃力+5000

アマゾンで1000円くらいでした。

ジョイコンにカチッとハマってメリケンサックのような形状になります。

操作性が上がったり機能が増えるというわけではありませんし、「ボクシング」のイメージからは若干離れてしまうように思いますが、イメージ同様、両手の指先もコントローラーのボタンから離れたことで勝手にスクリーンショットされたり、ホーム画面に戻ってしまうといった誤動作がなくなりました。

 

↑ここまでの原稿は9/17に書いて明日にでも投稿しよーって思っていたのですが、この日の夜にフィットボクシングの製作元であるイマジニア株式会社さんから重大発表ありました。

 次回作

Fit Boxing 2が出るんですって。

 

2020123日(木)発売予定。

20曲ほど収録されている楽曲が全て一新されて、インストラクター3名追加。

ちょっと前にTwitterからユーザーアンケートを募っていたので(もしかしたら次回作あるか…?)と考えていましたがこんなに早いとは思いませんでした。

 

無くてもいい専用アイテムもそろえたことですし、買うしかないですね。

現状のFit Boxingに飽きてきたとかではありませんが(というか別に楽しいとも思ってない)12月以降のモチベーション維持にもなりそうです。

 

福屋

先日、大阪南港ATCギャラリーで開催中のマンモス展に行ってきました。ロシア連邦のサハ共和国で、なんと永久凍土と言って、マンモスが死んだ時から今に至るまで、凍結した土に埋もれていたため、ほぼ体毛や筋肉、象牙などが腐敗することなく発掘されていました。

  2005年に開催された愛知万博でも、同じく冷凍保存されたマンモスの一部が公開され、話題になっていましたが、今回の物はスケールが違います。発掘当時の映像では、なんと液体状の血液が採取された場面などもあり思わず見入ってしまう映像も。

 DNA中の核が動いたという記録まででて、マンモスの復元ができる!・・・かも?と倫理的な部分と併せ、かなり伯仲しているらしいです。

 発掘を進めていたのが近畿大学の教授で、『大阪頑張ってるやん!!』と胸を張りたくなりました。ちなみに、標本を展示するため、-20度、無風の条件が必要で、外気との差があるにもかかわらずガラスが曇ったり、結露ができないようにするため、展示ブースは都心の高層マンションの分譲費くらいの費用がかかるらしいです。9月の連休まで開催予定で、まだ間に合います。古代の生き物に興味のある方はぜひ。

                          IZU

ポスター

DSC_0020
DSC_0018
DSC_0016

先日、お寿司を食べに行きました。
甘エビは身が大きく歯ごたえもありとても美味しかったです。

エビの特徴
構造は他の甲殻類と同じく頭部、胸部、腹部に分かれており、カニ類と同じく頭部と胸部のすべてが外骨格に覆われている。

8518




















nakano

このページのトップヘ