sekieisyaのblog

という話をよく聞きますが、本当にそうだと思います。

子供の頃は時間が許す限りなら何時間でも遊んでいられる感覚でしたが、ここ最近は時間が出来てもやる気が起きなかったりします。

 

今ハマっているのが体を鍛えるフィットネスゲームだからという理由も多少はあるのかもしれませんが、そうでないジャンルのゲームをすることにおいても子供の頃と明らかに変わったことがだんだん見えてきました。

 

1つのゲームに長時間没頭できない。

子供の頃は親にゲームソフトを買ってもらう機会がそもそも少なかったので、買ってもらったゲームは骨の髄までしゃぶり尽くす勢いでやり込み、アイテムのコンプリートであったり、周回要素があるゲームだとクリアしてからも何周も繰り返しプレイしていました。

が、大人になった今は1周終わると達成感だけを覚えて、二度と起動しない場合がほとんどです。

達成感というと聞こえがいいですが、むしろ「最後までやらなければいけない」という義務から解放されたといった感覚に近いです。

 

◎面白そう!と思って購入するがやらない。

楽しみにしているゲームの続編等が発表されたら、予約して購入します。

販売開始後、仮に爆発的に売れたとして手に入らなかったら困るので。

現に昨年末頃に発表された「BIO HAZARD RE:3」は受付開始後、即予約し、

発売日(202043日)の会社帰りにGEOで受け取りました。

 リメイクにより美しくなったネメシスさん

まだ封すら開けていません。

 

発売日の発表から4カ月以上待った新作。

発表から発売までというのはとても長く感じるものです。これは子供の頃と変わりません。

でも発売されてから3か月以上経った現時点でまだ一度も起動していないのはどういうことなのか。

これが大人になるということなのか。

手に入れてからの3か月は恐ろしいほど時間の経過が早いと感じています。

そして実際にそのソフトをプレイし始める頃には発売直後より市場価格が数千円下がっているというオチ。

「予約特典」というエサは用意されているものの、何のために予約したのかわからない…。

 

◎積む。とにかく積む。

未プレイのゲームが増えていくことを「積みゲー」といいます。

なぜすぐにやりもしないゲームソフトを購入するのかと聞かれると「やりたいから」というしかないのですが、1つのゲームにハマり過ぎていたり、絶対買いたいソフトが複数同時期に発売されたりすると、この「積みゲー」という現象に拍車がかかります。

 

ちなみに僕の積みゲーコレクションは先ほどのBIO HAZARD RE:3の他に、

・龍が如く4

・龍が如く5

・龍が如く6

・龍が如く7

・龍が如く0

Judge Eyes 死神の遺言

・ゼルダの伝説 夢を見る島

・ゼルダの伝説 ムジュラの仮面

・ポケットモンスター:Let’s Go ピカチュウ (←多分もうやらない)

ASTRAL CHAIN

・ディアボロ エターナルエディション

・大神 絶景版

 

などなど多数のラインナップを取り揃えております。

ここまで挙げましたが、恐らく思い出せなかったタイトルもまだいくつかあります。

 

と、まぁ子供の頃とは環境やら考え方やらいろいろ変わったなぁと思いますが、積みゲーを書き連ねていたら怖くなってきたので、しばらく新作は購入せずに積みゲーの消化に専念しようかと思います。

 

福屋

いきなり妻から電話があり、
「助けてくれ…」と言葉を残されました

電話はすぐに切られ、
何事かと焦りが生じました


そんな妻から送られてきた写真



↓↓↓















1593472550359




お分かりいただけたでしょうか






_20200630_082348



カマキリですね

カマキリからも目が離せない、
娘もコロコロ転がると
非常に大変な状態に置かれたとの事で
報告がありました

無事、ご退出いただけたようで
帰宅後、一時間半の死闘を雄弁に語られました


よしもと

大好きだったラーメン屋が閉店することになってしまいました。

 

僕は鹿児島出身なのでとんこつラーメンが好きなのですが、大阪のとんこつラーメンは九州のものとは似て非なる感じのものが多いので、大阪に来てからは味噌ラーメンや塩ラーメンを食べることが多くなっていました。

 

砦さんとの出会いは4年程前、なんばグランド花月の裏に屋台のような店舗があり(その店舗は移転して今はもうありません。)そこで初めて「貝白湯ラーメン」を知ることになります。

貝白湯なんて珍しいなー。大阪ってやっぱりいろんなものがあるなー。なんて考えて食べたんですが…。

 砦 ラーメン

本当においしいんですよこれが。

 

味を上手に伝えるのが苦手なので食レポ的なことはしませんが、とにかく美味しい。

なんなら地元のとんこつラーメンより美味しい。

おかげで帰省する理由が一つ消える事態に。

 

で、時は過ぎて藤井寺市に引っ越してきたわけですが、車で10分の位置に同じ店舗があるじゃあないですか。

 

なんば店では目につかなかったのですが堺美原店にはスープや麺のこだわりが記された掲示物が多く、「麺の仕込みに芋焼酎を使用」だったり「阿蘇のミルクのソフトクリーム」だったり、やたら九州産の素材について書かれていました。

そこで気になってネットで調べてみたところこのお店、なんと長崎県の佐世保発祥だそうです。

数年ものあいだ隠されたつづけた(お店側は隠してません)九州発祥という真実に驚愕でしたが僕がここのラーメンを好むのは、血統上必然だったということですね。

 

麺のシメにご飯を注文できるラーメン店はよく見かけますが、この店のそれは他のラーメン屋と大きな違いがあります。

その名もダンクライス

 砦のダンクライス

名前めっちゃかわいくないですか。(´∀`)

 

他のラーメン屋さんだと「あとめし」とかなんとなく武骨で男性ウケしそうなイメージの名前が多い印象ですが、この「ダンクライス」という響きは斬新でありながら、なおかつ何のことなのか伝わりやすい最強のネーミングだと思いました。

 

砦のスープは「砦(貝白湯)」と「海老潮」の二種類があるのですが、どちらのラーメンを食べたのかによって「ダンクライス」の内容も若干変わります。

(僕は砦ラーメンしか食べたことがないので海老潮のダンクライスは食べたことがありません。)

 

そんならーめん砦 堺美原店も6月末を最後に閉店するとLINEが入り、悲しくなりました。

 らーめん砦 堺 閉店のお知らせ

もしかしたら大阪から撤退なんてこともあるのかなー。

そうなると次に食べる為には佐世保まで行かなきゃいけないのかな…。

 

とか考えながら、どうせ誰も読まないだろうしと「ありがとうございました」的な返事を送信。

すると、、、

 まさかの返事

え、待って、これ中の人見てるの

 

返信が来ました。

 

こういうお店の公式LINEとかって情報の送信専用で、受け取り側からの返信メッセージには対応されていないかと思って送信した手前、返事が来ると微妙に恥ずかしい。

 

何はともあれ三国ケ丘店は営業を続けることがわかりました。

今まで車で10分だったところを25分かければまた食べに行けるので一安心です。

 

福屋

このページのトップヘ